お出かけが億劫なときは、おうちでアウトドア気分を楽しもう!

こんにちは、インテリアコーディネーターの辻です。

いよいよ令和元年がはじまりました。そして超大型連休の真只中。みなさんいかがお過ごしでしょうか?

気候もよい時候。お出かけやアウトドアにもぴったりの季節ですね。

お出かけも楽しいけれど、どこに行っても人がいっぱいだし・・・

今日はそんな方のための、おうちでアウトドア気分を楽しめる方法をご紹介します。 

ポイント1. アウトドアのインテリアを暮らしに取り入れる。

実は今、インテリア業界でも「アウトドア」がトレンドになっています。

アウトドアブランドだけでなく、たくさんのインテリアブランドからアウトドアの商品が販売されています。

そしてその商品たちには、インドア+アウトドアということでアウトドアシーンだけでなく、それをそのままインドア、つまりお家の中でも使えるようなファブリックや家具がたくさんあります。

アウトドアチェアをインテリアに。
ハンモックやティビーをインテリアに。
ハンモックやティビーなどもアウトドア気分を盛り上げるアイテムです。

こちらのティピーは作り方もとっても簡単。

ホームセンターで長さ180センチの棒を6本購入し、上部をローブで縛ってから脚を広げていき、その上に布を巻いただけです。

棒の上部に穴あけをして(ホームセンターによっては穴あけしてくれるところもあります)そこにロープを通すとまとまりやすいです。

布はずり落ちないように所々安全ピンで留めています。

ティピーの形に合わせて生地を縫うととても綺麗にできますが、ただの布でも充分です。便利なのは150cm×200cmくらいの布です。

私は気に入った生地はこのサイズで購入しておきます。そんな生地のストックがあると、その時の気分に合わせて、テーブルクロスにしたり、カーテン代わりに窓に吊したり、そして今回のようなティピーにも代用できます。使ったら洗ってしまって、ただの布なので場所もとりません。

ティピーは子供たちも大喜び、子供部屋に置くのも良いですが、リビングの一角に設置して、子供の居場所をつくってあげるのも良いですね。

子供部屋にティピーを配置。
ティピーとハンモックをベランダに置いて、日向ぼっこ。

ポイント2. グリーンを暮らしに取り入れる

アウトドアといえばグリーンも欠かせないアイテム。
アウトドア気分ならサボテンやシダ系の植物はいかがでしょうか?
これからの季節にもぴったりです。

サボテン

ポイント3. あると便利なアイテム

籠、ワイヤーボックス、木箱

お気に入りの籠を集めるのも良いですが、おうちアウトドアの時に役に立つのは同じサイズの木箱やボックスがたくさんあること。スタッキングできると、なお便利です。

かごやワイヤーボックスでグループごとに整理した棚

普段の暮らしでは、お茶セットや調味料など仲間で仕分けして収納しておきます。そしておうちアウトドアをする時は、いるものをそのままお庭へ。

木箱は並べるとあっという間に棚や机になります。

ベランダで焼き肉パーティー
用途別にカゴで仲間わけ

これは、普段の暮らしの時にもとっても便利。
使う用途で仲間わけしておくと、コーヒーセットや、朝ごはんセット、おもてなしセットなど、使いたい時に使いたいものをすぐ手元に置いておけます。

朝食セットをひとつのかごにまとめる
朝食と朝食用セット

大きなトレイ

緑茶とお菓子を載せたトレイ

こちらはものを運ぶ時はもちろん、先ほどのボックスと組み合わせてどんな場所にもすぐテーブルを作ることができます。

小さなお子さんがいらっしゃってリビングを広々使いたいご家庭にも、普段はリビングテーブルを置かず、必要な時だけテーブルを作ることができるのでオススメの方法です。

ウォータージャー

小さなウォータージャー

こちらもあると便利。お気に入りの飲み物や、お水にハーブや果物を入れて。気分が盛り上がります。お友達が来る時なども「自由に飲んでね。」なんてドリンクコーナーを作って置くと喜ばれます。

カッティングボード

フランスパンとチーズをのせたボード
ワインボトルとハムチーズバケット

お料理にも、トレイにも、お皿にもなる万能アイテムです。カッティングボードでカットしたパンをそのまま並べて、上にいつもよりちょっと上等なハムやチーズをのせて、お昼からお酒なんてどうでしょう。

お家だからこそまったり過ごせるおうちアウトドアスタイル。楽しんでみてくださいね。

ベランダで日に当たりながら乾杯

インテリアブログシリーズ