レースカーテンを選ぶ4つのポイントと実例

白いレースカーテン

こんにちは。インテリアコーディネーターの辻です。

前回のブログでは、レースカーテンにこだわった夏仕様のカーテンのお話をさせていただきました。今回はその実例を4つのポイントからみていきます。

  1. 白いレースカーテン
  2. 色にこだわるレースカーテン
  3. 自然素材のレースカーテン
  4. デザインにこだわるレースカーテン

白いレースカーテン

白いレースカーテンの部屋
こちらは全面窓に真っ白なレースカーテンのみ。

白いカーテンには

  1. お部屋が広く、明るく見える
  2. 清潔感や気持ち良さを感じられる空間になる

効果があります。

ポイント1 お部屋が広く、明るく見える

壁や天井が白いお部屋では、カーテンを同色にすることで、お部屋を広く感じられます。

白は光を反射させるので、窓からの光をお部屋に拡散してくれたり、お部屋の照明の明かりを反射させてくれたり、これも、お部屋を明るく、広く感じさせる要因です。

また、こちらの事例のように、カーテンを窓枠より高い位置から吊るすことによって、さらにお部屋の印象をすっきりさせたり、広く感じさせたりすることができます。

ポイント2 清潔感や気持ち良さを感じられる空間になる

白は清潔なイメージを持つ色。光を拡散させる白いカーテンは、その明るさに目がいくので、ちょっとした壁や天井の汚れやシミが目立ちにくくなるという効果も。

ただ、清潔な白はともすれば、病院などをイメージさせてしまうこともあるので、素材選びが大切です。

今回のようなレースのカーテンで取り入れると、柔らかさやナチュラルさ、涼しげな雰囲気を出すことができます。

レースのカーテンだけで透けないの!?
夏の暑さは大丈夫!?

そんな心配にも、最近では各メーカーから、透けにくいミラーレースや、熱や紫外線をカットしてくれる高性能のレースがたくさん出ています。

2.色にこだわるレースカーテン

レースを2色づかいで吊るした例
レースを2色づかいで吊るした例

2つ目は、レースを2色づかいで吊るした例です。

こちらはLDKのお部屋の2面に3つ、足元までの窓が連続しているのですが、その窓一つ一つに2色のカーテンを使うことで、お部屋にリズム感が生まれ、明るい雰囲気になります。

選ぶ色でイメージは変わりますが、レースに色を使うことで、色が光に透けるので大胆な色を使ってもきつい印象になりません。

色を使った明るいインテリアは夏にもぴったりですね。

3.自然素材のレースカーテン

ナチュラルな素材感にこだわった綿麻の自然素材のカーテン
こちらはナチュラルな素材感にこだわった綿麻の自然素材のカーテンです。

ナチュラルなインテリアの人気に伴い、自然素材のカーテンも人気が高まっていますが、

高いんじゃないの?
扱いが難しいんじゃないの?

と、少し敷居が高く感じられる方も少なくありません。

確かに、麻や綿のカーテンは

  • 洗うと縮んでしまう
  • シワになりやすい

などの短所ともとれる特徴があります。

しかし自然素材ならではの

  • 光の透過性の美しさ
  • 肌ざわりのよさ
  • 通気性がよく、吸湿効果がある
  • 静電気がおきにくく埃を呼ばない

などの効果があります。麻の涼感や、シャリ感、吸湿性や通気性は夏にもぴったりの素材です。素材の特徴を知って上手に取り入れていきたいですね。

レースカーテン
奥に設置したロールスクリーンをおろしていないレースカーテンの写真
こちらのレースカーテンの奥にはロールスクリーンを設置しています。
奥に設置したロールスクリーンをおろしたレースカーテンの写真
日差しや視線が気になる時はロールスクリーンをおろして調整。
開けている時は全く見えないので、すっきりです。

実はこちらのカーテンにはもうひとつ工夫が。

通常のプリーツスクリーンではなくギャザーで縫製してもらっているので、さらに柔らかな雰囲気になっています。

ギャザーカーテン
ギャザーカーテン

逆にこちらは、自然素材のざっくりとした雰囲気をいかして、フラットに吊るしたもの。

自然素材のざっくりとした雰囲気をいかして、フラットに吊るしたもの
レースカーテンで遊ぶ子どもたち
触れても気持ち良い自然素材のカーテン
触れても気持ち良い自然素材のカーテン

縫製の仕方ひとつでも随分と印象の変わるカーテン。
好みのインテリアやカーテンの生地に合わせて、変えてみるとお部屋の雰囲気がぐんと変わります。

4.デザインにこだわるレースカーテン

さて、最後に紹介するのはレースのカーテンに、レースのカーテンを組みあわえたパターン。ドレープの生地として選ばせていただいたのは、たっぷり刺繍の入った生地。

しかり刺繍が入ることで、レースカーテンだけれども意外と視線をカットしてくれます。

手前のレースを束ねて、光のコントラストを楽しむコーディネート
手前のレースを束ねて、光のコントラストを楽しむのはいかがでしょうか?

贅沢な刺繍を使ったものはお値段もはりますが、床に落ちる刺繍の影や、ガラスへの映りこみまで美しく、光や風をしっかり楽しんでいただけて、日々の暮らしがぐんと豊かになります。

刺繍の入ったレースカーテンで、床に落ちる刺繍の影や、ガラスへの映りこみまで美しくなった部屋のコーディネート
刺繍の入ったレースカーテンで、床に落ちる刺繍の影や、ガラスへの映りこみまで美しくなった部屋のコーディネート

もちろんお手軽に楽しめる、デザインレースもたくさんあります。

ライオンのデザインレースカーテン
花柄のデザインレースカーテン
人気の北欧デザインシリーズのレースカーテン
こちらは人気の北欧デザインシリーズ。こんな可愛いレースカーテンなら窓辺の主役になりますね。

変えるだけでぐんとお部屋の印象が変わるカーテン。
夏にオススメのレースカーテン。ぜひ暮らしに取り入れてみてくださいね。

インテリアブログシリーズ