「明るく白に近い床」で「北欧」インテリア

白い床

こんにちは、インテリアコーディネーターの辻です。

前回から引き続き、それぞれの床の色に合わせた、様々なイメージのインテリアを実際にみていきたいと思います。

今回は「明るく白に近い床」で「北欧」インテリアを作ります。

「白い床」+「北欧」

白い床

大人気の北欧インテリアスタイル。
最近ではゆったりとした心地よい時間の過ごし方を表す、『ヒュッゲ』という言葉もよく耳にするようになりましたね。

まず、そもそも北欧インテリアとはどういったものかをおさらいしてみましょう。

北欧というのは、ヨーロッパの北にある「フィンランド、デンマーク、ノルウェー。スウェーデン」の4ヶ国のことを指します。これらの地域は、冬が長く、日照時間が短い地域。暗く寒い冬を過ごす家の中を快適に過ごせるように考えられた生活の知恵が北欧インテリアの元となっています。またそんな土壌から、すばらしいデザインの家具や照明、デザイナーがたくさん輩出されており、それもインテリアの人気の理由でしょう。

北欧インテリアにも様々なティストがありますが、今回は北欧インテリアの主流である「ナチュラルな北欧インテリア」「ちょっと可愛い北欧インテリア」「ちょっとかっこいい北欧インテリア」と3つのくくりで見ていきましょう。

北欧インテリアのポイント

  • 基本はホワイトベースでシンプルに
  • 木や布などの素材感を大切にする
  • 柄や色をポイントに
  • 北欧デザインの家具や雑貨を使う
  • 照明にこだわる

ポイントにあるように北欧インテリアに白は欠かせない色。
長く暗い夜のある北欧で、白はお部屋を明るく感じることができるからです。
そしてまた。この白により、北欧家具や雑貨を引き立たせることができます。

つまり、「白い床」+「北欧インテリア」もとても好相性です。

ナチュラルな北欧インテリア

ナチュラルな北欧インテリアは北欧インテリアの王道スタイルです。

「白い床」+「ナチュラルな北欧インテリア」

こちらは、「白い床」+「ナチュラルな北欧インテリア」の好事例です。

床、壁、天井、カーテンと、お部屋の基本となる部分は全て白で統一させて
そこに、ナチュラルな木の家具を組み合わせています。

北欧インテリアの家具はシンプルなものが多いですが、こちらのソファや、テーブルのように、丸みや、曲線があるとさらに印象が柔らかく、優しい印象になります。

ソファの張り地も柔らかな印象のファブリックがオススメです。

大きな家具は全て、白から木の色を連想させるブラウンのグラデーションで構成されていて
だからこそ、オープン収納に飾ったカラフルな雑貨がとてもよく映えますね。

木製家具と白い床

北欧のデザイナーの家具も、木の質感と曲線の美しさが際立つものがたくさんあります。

機能性もよく作りも良いので、世代を渡って受け継ぐことも可能です。

このような家具を取り入れると、それだけで北欧インテリアの格が一気に上がります。お気に入りの北欧家具を見つけで日々の生活の中で大切に使うことも良いですね。

しかしながら、大きな北欧デザイナーの家具は金額もなかなか素敵なもの。手が届かなくってももちろん大丈夫。ナチュラルな素材の、シンプルな家具であれば、どのような家具でも北欧インテリアにはマッチするので家具はシンプルなものでまとめて、写真にあるような雑貨でお気に入りのものを集めたり、飾ったりするのも良いですね。

少しグレーを混ぜたくすみのある色味が北欧カラー

また、色や柄も北欧っぽさを一気に上げるポイントです。

幾何学模様や、自然をモチーフとした模様も、北欧らしいアイテム。

白い椅子に植物柄のクッション

ナチュラルな北欧スタイルを目指すなら、自然モチーフの柄をクッションなどの小物に加えてみてはいかがでしょうか?

照明

そして、北欧スタイルを作るには欠かせないのが照明

夜が長く、暗い北欧ではあかりはとても大切なもの。
人の集まる場所には、暖かな明かりが欠かせません。

ダイニングの上や、リビング、ソファのサイドテーブルの上や、部屋の隅など、照明をシーンに合わせて設置することで、一気に北欧らしさがアップするだけでなく、夜にはお部屋に陰影や奥行き感がでて、落ち着いた空間になります。

あとはグリーンを合わせて……

好みの雑貨を飾っていけば完成です。


白い床+北欧インテリアは、白いキャンパスの中にお気に入りのものを並べていくような形でとっても簡単に楽しく作ることができますね。

次回は「白い床」+「北欧インテリア」のアレンジバージョン「ちょっと可愛い北欧インテリア」と「ちょっとかっこいい北欧インテリア」をみていきましょう。