モクラスについて

“モクラス”のモットー

それは、 「どんな仕事も断らない」
こと。

せっかくご相談いただいたお仕事を
技術、納期、コストなど、さまざまな理由をつけて諦めてしまうのは簡単です。 しかし、それをチャンスと捉え、実現することが、
私たちモクラスの強みだと思っています。 これまで出来なかったことを出来るようにする。 不可能なことを可能にするように努力する。 こうした姿勢は、わたしたちの取り扱っている「木」から学んだことです。

モクラス理念

従業員の幸せを追究し、お客様に信頼され、地域社会に貢献すること。

経営理念

感謝の気持ちを大切にし、心を豊かにする。

未来の私たち

地域で愛され、業界で頼られる、ものづくり企業

モクラス行動指針

お客様の満足度向上を目指す為に

感謝の気持ちを忘れずに行動を
仕事があることに感謝し、お客様に誠実に対応します。
相手本位の考え方
お客様の立場に立って、迅速・丁寧な対応を心がけ、最高品質の商品をお届けします。
信頼される存在に
仕事を通じてお客様との信頼関係を築き、困った時に頼ってもらえる存在になります。

自立自己成長をうながす為に

探究心を持ち続ける
物事の本質を意識し、自分の担当業務の意味を考え続けます。
モクラス、仕事の流儀
「出来ない」ではなく、「出来る方法」を考え、プロとして行動します。
自立心を育てる
各工程で責任感を持ち、同じミスを二度と起こさないように自らで直ちに改善します。
常にチャレンジャーたれ!
現状維持で満足せず、昨日より今日の仕事の質を向上させ、出来る仕事の種類を増やします。

仕事の取り組み方

安全第一
安全第一で、心と体の健康を大切にし、怪我やミスをしないようにします。
やり遂げる心
決めた事、決められた事を守り、自分の仕事に責任を持って、最後までやり遂げます。
手を抜くな!手間を抜け!
手を抜くのではなく、手間を抜くための作業改善をし、日々の生産性向上に繋げます。
モクラスプライド
QCD(品質、価格、納期)を常に意識し、ミスや失敗をプラスに活かせるように、自らの目で確かめ、自ら考え、自ら責任を持って行動します。

チームワークと人材育成

安心・安全・ポジティブな職場づくり
互いの立場や気持ちを想像し、認め合い、相手に対する感謝の気持ちを持って仕事に取り組みます。
コミュニケーションを大切に
仕事の結果に繋がるコミュニケーションを積極的に取ります。
報連相は相連報
高い品質や生産性の良い仕事をするために「事前の相談」、「進捗の連絡」、「完了の報告」を大切にします。
やりがいのある職場づくり
個々が責任を果たし、お互いに助け合い、支え合いながらチームワークを大切にし、達成感を共有します。

会社の経営姿勢

未来のために
経営資源(ヒト・モノ・カネ・情報・時間)を最大限に活かし、次世代に繋がる効率的な経営を行います。
モクラスで良かった
お客様、お取引先様、従業員、地域にとって「モクラスがあって良かった」と思ってもらえる会社づくりを続けます。

トップメッセージ

「チャレンジ」をモットーに アップデートしつづける企業へ。
株式会社モクラス 代表取締役 矢野 太一
モクラスが従事している建材業界は、住宅着工数に大きく影響される業界です。 今後は少子高齢化と空き家の増加に伴い、着工数は確実に減少していくことでしょう。そのような逆境の中で、わたしは「チャレンジすること」が企業の成長に何より必要だと考えています。挑戦を恐れず、新しいことに立ち向かうからこそ努力が生まれ、努力を重ねることで技術が生まれ、進化しつづけられるのではないでしょうか。 モノ作りを最初から最後まで自社で完結できる弊社の強みをさらに進化させるために5年後・10年後を見据え、お客さまに新しい製品を提案できる「提案型企業」へ。しいてはモクラスなしではモノ作りができないと言われるような「建材業界のオンリー1企業」へと成長したいと考えています。 歩みを止めず、常に前へ向いてチャレンジし、いつもアップデートし続けられる企業、その志こそがモクラスの原動力です。

BCP(事業継続計画)基本方針

目的

緊急事態(大地震、新型感染症の発生等)においても、本計画を基に、自社従業員およびその家族の安全を確保しながら自社の事業を適切に継続・運営することを目的とする。

適用範囲

本計画は、自社の全組織に対して適用する。

基本方針

当社は、以下の基本方針に基づき、事業継続対応を行う。
  • 人命と安全の確保を最優先する。
  • 社会的な供給責任を果たす努力を最大限行う。
  • 事業へのダメージを極小化し、自社の経営を維持する。
  • 地域社会への協力を行う。
  • 二次災害の発生を防止する。

SDGsの取り組みについて

モクラスではSDGsの以下に取り組みについて積極的に活動を行なっています。

SDGs.3 すべての人に健康と福祉を
目標3 [保健]
あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を促進する。
SDGs.8 働きがいも経済成長も
目標8 [経済成長と雇用]
包摂的かつ持続可能な経済成長及びすべての人々の完全かつ生産的な雇用と働きがいのある人間らしい雇用(ディーセント・ワーク)を促進する
SDGs.12 つくる責任つかう責任
目標12 [持続可能な消費と生産]
持続可能な消費生産形態を確保する。
SDGs.15 陸の豊かさも守ろう
目標15 [陸上資源]
陸域生態系の保護、回復、持続可能な利用の推進、持続可能な森林の経営、砂漠化への対処ならびに土地の劣化の阻止・回復及び生物多様性の損失を阻止する。

会社概要

社名
株式会社モクラス
創業
大正3年(1914年)
設立
昭和25年
資本金
5,000万円
代表者
矢野 太一
事業内容
住宅収納部材・住宅内装部材
所在地
〒769-1101 香川県三豊市詫間町詫間2112-35
TEL
0875-83-4126
FAX
0875-83-2051
営業時間
8:00~17:00
定休日
日曜日、祝祭日、土曜日(変則)
E-mail
従業員数
65名 2017年9月現在
敷地面積
17,700㎡(約5,360坪)
建物面積
11,100㎡(約3,360坪)

福利厚生

社員旅行
職場とは違う環境で懇親を深め、観光しながら気分をリフレッシュします。
ビアガーデン、忘年会(毎年)
定期的に懇親の場を設けています。
プレジャーボート貸出
余暇を楽しむのも社会人として教養の一つです。
増産手当
会社全体で一人当たりの売上高に集計して成果に対して支給しています。
子育て手当
0歳〜就学児(18才以下)について一人当たり5,000円の手当てを支給しています。
扶養家族の進学(20歳未満)・就職(22才以下)祝い
社員の家族を大切にする会社であり続けます。
育児・介護休暇制度
有給扱いにはなりませんが、育児・介護休暇の制度を備えています。
住宅手当
全社員に対して、一人当たり15,000円の手当てを支給しています。
通勤手当
上限を1万円とし、1kmから支給しています。1km単位で計算し端数は切り捨てとなります。
永年勤続
連続した10年以上の勤続に対して5年ごとに功労表彰と報奨金を支給しています。 ※社員提案で導入
退職金共済
退職金共済制度に加入しています。
病気での死亡保険
大切なひとのサポートをする会社でありたいです。
保険提携施設の優待制度
優遇制度を活用を推奨しています。
企業型確定拠出年金
途中解約はできませんが、将来の為に推奨しています。
洗車チケット配布
車通勤の全従業員が対象で毎月一枚配布しています。 ※社員提案で導入
24時間365日ケガの補償
業務中及び日常生活中のケガの補償
病気での入院時の治療費を補償
病気での入院時の治療費などを実費補償

組織図

緑になっている作業工程はクリックで動画が表示されます。

アクセス

会社の歩み

大正3年(1914年)
木材業を開始
昭和3年(1928年)
製材業を開始
昭和17年(1942年)
戦時木材統制法により廃業 香川県木材株式会社 第42工場に指定
昭和21年(1946年)
木材業・製材業を再開
昭和25年(1950年)
有限会社 矢野材木店設立
昭和30年(1955年)
大倉工業(株)と取引開始
昭和36年(1961年)
松下寿電子工業(株)坂出事業部と取引開始 木工加工を開始
昭和49年(1974年)
現在地(木材団地)製材工場の一部移転 (株)南海(現パナソニックエコソリューションズ内装建材(株))と取引開始
昭和53年(1978年)
南海プライウッド(株)と取引開始
昭和54年(1979年)
現在地に全面移転
平成13年(2001年)
松下寿電子工業(株)の生産品目終了のため取引終了
平成19年(2007年)
株式会社 矢野材木店に社名変更 木材業・製材業を廃止
平成21年(2009年)
パナソニック電工 ISO9001:2000レベル認証取得
平成22年(2010年)
パナソニック電工 ISO9001:2008レベル認証取得
平成23年(2011年)
永大産業(株)と取引開始 東洋テックス(株)と取引開始
平成24年(2012年)
パナソニックエコソリューションズ創研ISO9001:2008レベル認証更新
平成28年(2016年)
株式会社モクラスに社名変更
平成29年(2017年)
ISO9001:2008認証取得 シコク景材(株)と取引開始 タカラスタンダード(株)と取引開始

1分で完了!

アンケートに答える