床の色から考えるインテリアコーディネートのコツ

薄いベージュ床のリビング

こんにちは、インテリアコーディネーターの辻です。
これまで、お部屋の印象を大きく左右する、壁や、窓の色や見せ方について記事を書かせていただきました。

今回から、具体的にお好みのインテリアを作っていってみましょう。
まずは床の色の基本の考え方からみていきます。

下の画像を見てみましょう。
下に行くほど床の色が濃くなっています。

受ける印象はいかがでしょうか?

明るい床の色の印象
明るい、ナチュラル、優しい、柔らかい
濃い床の印
伝統的、重厚感がある、かっこいい、シック

あなたのお好みの雰囲気はどれでしょうか?

以前も書いたように、面積の大きい床はインテリアを考える元になる部分です。これから、新築やリフォームをされる方は、お好みの雰囲気に合わせて、インテリアのなかで、まずは床を一番最初に決めるのが一般的なセオリーです。

床の色にあわせて、残りのインテリアを決めて行くと、お部屋はとてもすっきり、綺麗にまとまります。

上の画像はどれも、床と同色系に家具をまとめています。

しかし、賃貸でお住いの方や、一度お住いを建ててしまった方はなかなか床を張り替えることは難しいですよね。

でも、大丈夫です。

合わせて行く、家具でインテリアの印象はガラリと変わります。

以下の画像を見てみましょう。

全く印象が違うと思いますが、床の色は同じです。

床と同色系のインテリアで纏めて、明るくナチュラルな印象を受ける上の画像に対して、下は、明るい床に濃い色の家具を合わせて、コントラストを効かせることでとてもシャープでモダンな印象になっています。

このように、床や壁など大きな面の色が決まっていても、全く違ったインテリアを作ることが可能です。

  • 明るく白いに近い床
  • 明るくナチュラルな床
  • 中間色の床
  • 濃い色の床

それぞれの床に合わせた様々なインテリアを実際に作って行ってみましょう。

次回は明るく白に近い床です。

インテリアブログシリーズ