部屋の模様替えのポイント3つ、インテリアコーディネーターがお教えします!

あけましておめでとうございます。

新しい年、新しいこと始めたくなりますよね。

おしゃれに飾った棚の隣にミント色に塗ったおしゃれな椅子の上に鏡餅。

今回はお部屋の模様替えをする時のポイントを整理していきましょう。

模様替えする時にまず大切なことは、第1回のブログでも書いたように「なぜ」変えたいのかをとことん突き詰めていく作業です。

そして、そこで「どのように」過ごしたいかをしっかりイメージすることが大切です。

理想のスッキリとおしゃれなキッチン&ダイニングルーム

では具体的にどのように模様替えの計画を進めていくかみていきましょう。

1. 今、現在のお部屋の「もやっとポイント」を見つける。

そこから「もやっ」となっている原因を突き詰めていきます。

リビングのよくある「もやっとポイント」を例に考えてみましょう。 

もやっとポイント
せっかくソファを置いているのにソファの上が物置状態になっていてソファを背もたれに結局床に座っている。

  • ソファの上にどんな物が置かれている?
  • カバン?洋服の上着?洗濯物?
  • なぜそうなっているのか?

A-1 収納に問題がある。

その空間の「生活動線」や「役割」と収納が合っていない。

この場合は例え、模様替えをして、ソファを変えたり、ソファの位置を変えて、一旦綺麗に整えても、日々の暮らしの中でまたすぐに同じ状態に戻ってしまいます。

「生活動線」と言うのは、日々の生活の流れです。お住いの図面があるのであれば、その紙上で家族の1日の動きを実際に書いて見るのも良いでしょう。

間取り図面

今回の場合であれば

  • 家に帰ってまず、ソファの上に鞄や上着を脱いでそのまま寛いでいる。
  • 子供達が朝起きてきてリビングで着替えている。そのまま着替えがソファの上に置かれている。

日々の動線(習慣)を変えるのはなかなか大変です。
特にお子さんがいる家庭では、お着替えや、遊びの場、学習の場とリビングダイニングの役割が多様化しているご家庭が多いのではないでしょうか。

ソファに荷物を置かなくて良いように洋服や鞄をかけるラックや、洋服の収納スペースを準備する必要があります。

子どもの背の高さに合わせた、洋服やカバンを書けるラック。

A-2  ソファの場所に問題がある。 

これは、上記に書いた収納が近くにあるのに、ソファの上が物置状態になる場合です。

その場合、生活動線の動きを見ていくと「脱ぐ」→「収納」の動線の邪魔になる位置にソファがある可能性があります。これも日々のこと。

動線を邪魔しない様にソファの位置や向きを考えましょう。 

A-3  ソファ自体に問題がある。

これはそもそも、家族の生活スタイルにそのソファがあっているかどうかというところです。

そもそも、もともと椅子に座る文化のなかった日本人は、ソファに座る生活になれない人もいます。

寝転んでいる子ども

床に座ったりゴロゴロしたりすることが落ち着く人に、ソファがあっても、そのソファで過ごしても寛げない→結局床に座ってソファは背もたれにするだけ→ソファの上は物置状態、という結果になりかねません。

ソファーに座らず床の上で寝転んでいる子どもと地べたに座って一緒に遊ぶ父親

生活スタイルに合わないソファは大きい家具だけに邪魔になるだけ。

いっそソファを置くのをやめて、床座スタイルに切り替えると、ゆったりした空間になるかもしれません。

それでもやっぱりソファは置きたいという時には、座面の低いロースタイルのタイプのものや、「座る」ソファではなく、座面をゆったりとった「ソファの上で過ごす」タイプのものもあります。

ゆったりとしたサイズのソファーのある部屋

2. インテリアの雑誌やイメージ画像で好きな画像を切り抜いたり、プリントアウトして、ファイリングする。

ただ、眺めるだけでなく、切り取ってファイリングすることで、自分の好みを分析しやすくなります。画像たくさん集めれば集めるほど良いです。

たくさん集めた「好き」の共通項を見つけることができます。

家族で話し合うツールとしても役にたちます。

自分の好きなものを書き留めてファイリングしているイメージ写真

3. 1、2を自分の実際の暮らしとすり合わせる。

新築でお家を考える時、ほとんどの方がダイニングにはダイニングテーブルを、リビングにはテレビにソファをと、イメージされます。

しかしちょっと待ってください。

あなたの家族は普段どの様に過ごされていますか?
どの様な風に寛がれていますか?またこれからはどの様に過ごしていきたいですか?

例えば、共働きで皆忙しくなかなか皆が揃ってご飯が食べられない家庭に家族全員がゆったり過ごせるダイニングスペースは必要でしょうか?

キッチンの前にカウンターがあれば、忙しいお母さんが準備や片付けをしながらも、ご飯を食べている旦那さんや、子供たちとコミュニケーション取ることができ、その分、家族みんなで過ごすリビングの空間をゆったり取ることも可能です。

ダイニングで食事を作る母親

逆に、宿題をしたり、何か作ったり、寛いだり、ダイニングでたくさんの時間を過ごす家庭なら、ダイニングにリビングの要素も加えて通常のダイニングより、座面や机の高さを下げ、ゆったり過ごせるダイニングをメインに考えても良いかもしれません。

自分の家族のなりたい暮らしのイメージがしっかりできれば模様替えは成功したも同然です。

ここでのポイントは、そのイメージや過ごし方をつくる核となる家具をから考えること。そうすると、お部屋全体のテイストやイメージをまとめやすいです。

カフェ風のおしゃれなリビング

では、次回は実際にコーディネートのコツについてみていきます。

インテリアブログシリーズ