第11回 散らかりがちなリビング・ダイニングの収納のポイント―収納カウンセラーが教える、毎日の生活を快適に過ごせるための役立つ収納!<全12回>

 S-Life<エスライフ>収納カウンセラーの岸上奈美と申します。全12回を通して皆さまに毎日の生活をより快適に過ごせるための役立つ収納のお話しをお伝えいたします。

第11回目の今回のテーマは、『散らかりがちなリビング・ダイニングの収納のポイント』についてお伝えいたします。

リビング・ダイニングは、家族の生活の中心の場であり、過ごす時間も長くなってくることで、家族それぞれのモノが集まり、片付けてもすぐに散らかったりしていませんか?

食事をするだけでなく、テレビを見たり、新聞や本を読んだり、子どもが宿題をする、家計簿をつけたりお裁縫をする、パソコンを使うなど、家族それぞれが様々な行動をしますので、その分モノの量も増えがちになります。

例えば、

  • テーブルの上に新聞や雑誌、DM、生活雑貨など山積みになっている
  • 子どもの勉強道具、おもちゃであふれている
  • ダイイングチェアに脱ぎっぱなしの衣類が何着もかけている・・・など

家族それぞれのモノを、その都度自分の部屋まで片付けるのは大変なので、このような状態を解決させるためには、リビング・ダイニングに自分のモノを片付けるスペースを確保する事が大切です。

ダイニング収納

 片づけしやすい収納のポイントは、『リビング・ダイニングの近くに、家族それぞれの専用の棚を作ること』

例えば、

子どものモノ
勉強道具・お絵かきの道具・文具・辞書・おやつ・おもちゃ
両親のモノ
読みかけの新聞や本、雑誌・カタログ・郵便物・メガネ・化粧品
家族共有のモノ
文具・エアコン、テレビのリモコンなど
ダイニング収納
棚は扉のないオープンな状態にすることで、収納されているモノがすぐに把握できる事や、モノの出し入れの際のアクション数が少なくなります。

棚の位置は、お子さまや片づけが苦手な方ほど、出し入れがしやすい位置に指定席を決めましょう。また、置きたいモノのアイテムと量は、今使用するモノだけに限定して、必要以上に増えすぎないように気をつけましょう。

パソコン周辺

パソコンコーナーがある場合は、必要な文具をまとめて収納出来る文具入れがあると便利です。近くに本棚があると、家庭用の書類をファイルに一カ所にまとめることができ、管理しやすくムダな書類が増えすぎる事を防ぎます。

ダイニングチェアやリビングのソファに脱ぎっぱなしになりがちなコートなどの衣類やバッグは、リビングに入ってすぐの場所で、コートやジャケットなどを収納できるハンガーラックを設置することで脱ぎっぱなしを防ぐ事ができます。

ハンガーラック

リビングに収納スペースがなければ、玄関付近の壁やドアにフックを取り付けるだけでも省スペースで収納することができます。これから家を建てる場合やリフォームされる場合は、設計の段階からコートなどの衣類の収納スペースを設けておくと、機能的でスッキリ収納することが可能です。

シューズボックス

また、前回ご紹介した、『棚活用システム』の収納方法と関連収納で、日用品や暮らしの道具の指定席がリビング・ダイニングの近くに設けられると、家族全員が必要なモノが一カ所にまとまるので、出し入れしやすく、何処に何があるのかハッキリすることで、使い勝手はさらに良くなります。

家族で相談しながら、家族がくつろぐ空間を片づけしやすく居心地の良い場所にしましょう。

役立つ収納ブログシリーズ