ちょっとかわいい、ちょっとかっこいい北欧インテリアコーディネートのコツ

こんにちは、インテリアコーディネーターの辻です。

それぞれの床の色に合わせた、様々なイメージのインテリアの作り方をみていくシリーズ。

今回は前回の続きで、「明るく白に近い床」+「ちょっとかわいい北欧インテリア」「ちょっとかっこいい北欧インテリア」を見ていきます。

白い床

まずは前回の復習。北欧インテリアのポイントは以下の5つでした。

  1. 基本はホワイトベースでシンプルに
  2. 木や布などの素材感を大切にする
  3. 柄や色をポイントに
  4. 北欧デザインの家具や雑貨を使う
  5. 照明にこだわる

今回の2つのインテリアスタイルは、前回の北欧インテリアの基本となる、「ナチュラルな北欧インテリア」の応用編。

5つのポイントの中の3の柄や色をイメージに合わせて選ぶことで作ることができます。

例をもとに見て行ってみましょう。

「白い床」+「ちょっと可愛い北欧インテリア」

淡いブルーグレーと幾何学的模様のインテリア

こちらのインテリア、可愛らしいイメージを持つ淡いブルーグレーと幾何学的模様によってイメージを作っています。

それ以外の、ラグや、家具や雑貨を全て白にすることで、使った色や柄の効果がよく出ていますね。

白い床の効果を存分に生かしたインテリアとなっています。

使う色や柄以外は、家具なども全て白で揃える

上の例のように、使う色や柄以外は、家具なども全て白で揃えていくということも、可愛いイメージを作るときはポイント。

色や柄が映えてイメージが作りやすいです。

壁一面にお気に入りの柄
壁一面にお気に入りの柄をもってきたり、
カーテンやベッドカバー、ソファなど、大きな面積のものに柄をつける
カーテンやベッドカバー、ソファなど、大きな面積のものに柄を持ってくると一気にイメージが作れますね。
ファブリックパネルを飾る
大きな面積に取り入れることはハードルが高ければ、クッションやファブリックパネルなど、小物で柄を持って来れば良いでしょう。白がメインのインテリアだからこそとてもよく映えます。

まずは、「好き」で選んで大丈夫。ここでのポイントは色を絞ること
例えば上の、ファブリックパネルの柄が好きで選んだとしたら、他の小物も同じ色で揃えていく。そうすることで、お部屋のイメージはぐっとまとまります。

「白い床」+「ちょっとかっこいい北欧インテリア」

かっこいい北欧インテリアも考え方は全く同じです。

ブルーグレイ+黒でちょっとかっこいいインテリアに。
くすみのあるブルーグレイは北欧らしいカラー。
そこに、黒を持ってくると一気に引き締まります。
スチールなどのクールな素材感を使うのもポイント。
幾何学模様+ブルーでクールなインテリア
幾何学模様も、ブルーと合わせることでクールなイメージを強調。

いかがだったでしょうか?

これまでみてきた白く明るい床は、お部屋全体を白いキャンバスと考えると、そこから自分の好みのイメージを作りやすい床だと言えますね。

これまでみてきた考え方を元に、次回は明るくナチュラルな床を見ていきましょう。

インテリアブログシリーズ