第7回 モノが片付く5つのステップ!『入れ方を決める』収納カウンセラーが教える、毎日の生活を快適に過ごせるための役立つ収納!<全12回>

S-Life<エスライフ>収納カウンセラーの岸上奈美と申します。 全12回を通して皆さまに毎日の生活をより快適に過ごせるための役立つ収納のお話しをお伝えいたします。

第7回目の今回のテーマは、*モノが片付く5つのステップ『STEP4 入れ方を決める』についてお伝えいたします。
STEP3 置き場所を決める」で、家中のモノ一つ一つに置き場所を決めた後は、STEP4ではモノの出し入れが楽な入れ方を決めていきましょう。
モノの出し入れが楽な入れ方を決めるポイントとして、「収納指数」の『アクション数』が最小になるように入れ方を決めていきましょう。

収納指数については、下記ページをご覧ください。
第2回「『収納指数®』とは?」収納カウンセラーが教える、毎日の生活を快適に過ごせるための役立つ収納!<全12回>

モノの入れ方は、インターネットやTV、雑誌などで様々な収納方法が紹介されていますが、基本的な入れ方は以下の3つの方法になります。これらの方法は0~1アクション収納が可能になります。入れたいモノに合わせて3つの方法のうちのいずれかを選びましょう。

  • 棚に置く
  • 吊るす
  • 引出しに入れる

衣類の収納を例にご紹介いたします。

全体(衣類)の収納

棚に置く

棚には、セーター、トレーナー、Tシャツなど、ハンガーに掛けて吊るすと伸びてしまう衣類、バッグは立てて収納しましょう。

棚に置く

棚収納は、引き出しと違って衣類が一目瞭然になり、欲しい衣類もすぐに見つかります。また、衣類全体の量も把握しやすく、ムダに増えすぎることを防ぎます。
棚板の高さを自由に調整出来る事で出し入れも楽になり、スペースも有効活用出来ます。ただし、棚の奥行は必要以上に深くしないようにしましょう。

引出し

引出しには、下着、靴下、ハンカチ、ストッキング等の衣類小物をひと並べにすると選びやすくなります。

引き出し(下着)

引出しに入れる際のポイントは

  • 縦方向に衣類を入れる。
  • 衣類を重ねないこと。
  • 1枚1枚がハッキリ分かるように、衣類の輪を上にして収納しましょう。
  • 数種類の衣類を入れる際には、衣類の仕切りを使用して、引出しの中で衣類が散らからないようにしましょう。
引出し(アクセサリー)

引出しに入れる収納は、衣類と一緒に収納している事が多いアクセサリーの収納にもオススメです。

吊るす

スーツの上下やコート、スカートやスラックス、ブラウスやカッターシャツなどハンガーに掛けて吊るしましょう。
ハンガーに掛けて吊るす方法は衣類を畳まなくていいので、衣類収納で一番楽な収納方法になります。出し入れも楽なので、衣類を脱ぎっぱなしにすることも少なくなります。

衣類を吊るす

衣類をハンガーに掛けて吊るす場合は、出し入れが面倒にならないように、また、衣類の量が増えすぎないようにするためにも、一つのハンガーに何着も衣類をかけないように気をつけましょう。

モノを出す際に面倒な入れ方になると、しまう際にはもっと面倒になります。『出して、使って、戻す』がスムーズに出来ない場合は、「STEP3 モノの置き場所を決める」に戻って、改めてモノの指定席を見直してみましょう。

『モノが片付く5つのステップ』で重要なポイントは、必ず STEP1から順番通りに STEP5までの作業を最後まで続けることです。各ステップを順番通りに確実に作業を進めていきましょう。

次回は、モノが片付く5つのステップ『STEP5 快適な収納の維持管理』についてお伝えします。

*『モノが片付く5つのステップ』は、整理収納の第一人者・収納カウンセラー飯田久恵先生考案のもので快適な収納を実現するための収納の考え方になります。

役立つ収納ブログシリーズ